MENU

黒人巨大マラ 陵●4P輪● 小早川怜子

  • URLをコピーしました!

小早川怜子

怜子の念願だったバーを初めて4年。今は不況でギリギリの経営だった。ある日、女性客と黒人が怜子のバーで待ち合わせをし、黒人が女性客に不審物を渡した。それを見た怜子が咎めるも黒人はお金を握らせて黙らせた。その後、黒人は大金を使う太客になり怜子を口説いた。夫と不仲な怜子は黒人に身を任せてしまう。またある日、黒人は他の女と来て怜子を嫉妬させる。黒人の気を引きたい怜子は無茶な要求を断れなくなっていった…。

イマジン
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次